人間関係で悩んでいる人に【アドラー心理学】をすすめます

「すべての悩みは対人関係の課題である」

この言葉は、アルフレッド・アドラーという心理学者のものです。

対人関係、人間関係で悩んだことがない人というのは、いないのではないでしょうか。

家庭でも、職場でも、人が存在ところには対人関係はあります。

この言葉を初めて本で読んだ時は、衝撃的でした。

確かに考えてみると、一見対人関係とは違う問題でも、突き詰めて考えると、対人関係の悩みに変換されたからです。

アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる100の言葉

created by Rinker
¥1,728 (2019/06/18 03:30:45時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事で紹介することばは、すべてこの『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』に掲載されています。

一度紙の書籍を購入して、その後電子書籍でも購入するくらい愛読しています。

名言集のようにアドラーの言葉が紹介されていて、アドラー心理学初心者の人にも分かりやすい内容だと思います。

アドラー心理学とは

アルフレット ・アドラーは、今から一世紀ほど前に活躍したオーストリア生まれの心理学者・精神科医です。

日本では『嫌われる勇気』がベストセラーとなるまでは、ほとんどその名を知られていませんでした。

しかし、欧米では心理学を知らない人でも名前は聞いたことがあるであろう、フロイトやユングと並ぶ「心理学の三大巨頭」の一人として高く評価されています。

嫌われる勇気

created by Rinker

過去にアドラー心理学についてまとめた記事はこちら

>>離婚と【アドラー心理学】について考えてみた

難易度高め

正直、実践するのはなかなか難易度が高い考え方です。

私も、人に紹介したりしますが、「実際に人生の問題にぶち当たった時に、そんなこと言ってられないよ」とか言われることが多いです。笑

確かにその通りなんですけど、まず理想がなければ何も生まれないと思うのです。

たとえその時は失敗しても、知っているのと知っていないのは違うし、実践できなくても、次同じことがあった時その考え方が使える可能性もあるわけで。

初めから諦めてしまうのは、もったいないなと思います。

わたし自身は、アドラー心理学の影響で少なからず、人生が楽に考えられるようになりました。

自己満足ですが、それでいいと思っています。

人間関係に悩む人へ

これは、アドラーの「課題の分離」という考え方です。

一見冷たくも感じるかと思いますが、自分の力が及ばないことに頭を悩ますのは、心の無駄遣いだと教えてくれます。

陰口を言われても、嫌われても、あなたが気にすることはない。「相手があなたをどう感じるか」は相手の課題なのだから。

アルフレッド・アドラー

妻の機嫌が悪い時に、夫が責任を感じてはいけない。不機嫌でいるか上機嫌でいるかは、妻の課題。その課題を勝手に背負うから苦しいのだ。

アルフレッド・アドラー

先程の「課題の分離」の具体的状況での説明ですね。

こういう他人の機嫌が悪いと自分が責められていると感じる状況って、夫婦間に限らず多くないでしょうか。

感情で支配するのは良くないので、普段からなるべく上機嫌でいたいです。

ほめてはいけない。ほめることは「あなたは私よりも下の存在だ」「どううせあなたにはできっこない」と相手に伝えることに等しいからだ。

アルフレッド・アドラー

よく「私は褒められて伸びるタイプです!」と申告して笑い話にしますが、褒めなければ伸びないのは、他人に依存している証拠なので気をつけなければと思いました。

カッときて自分を見失い怒鳴った、のではない。相手を「支配」するために「怒り」という感情を創り出して利用したのだ。

アルフレッド・アドラー

怒鳴っている人にこんな戦略があったのかと、目からウロコの視点でした。そう考えると怒鳴ってくる人にも冷静に対応できます。

子供は「感情」でしか大人を支配できない。大人になってからも感情を使って人を動かそうとするのは幼稚である。

アルフレッド・アドラー

先程の「怒鳴る」行為の話と繋がっています。大人になりたい(遠い目)

世話好きな人は、単に優しい人なのではない。相手を自分に依存させ、自分が重要な人物であることを実感したいのだ。

アルフレッド・アドラー

自分が長年引っかかっていたことを、見事に真理を突いて言語化してくれたなと感嘆しました。そう考えると、他人の優しさを疑ってしまいそうにもなりますが。

「自分は役立っている」と実感するのに、相手から感謝されることや、ほめられることは不要である。貢献感は「自己満足」でいいのだ。

アルフレッド・アドラー

「自己満足」が役に立つときがやってきました。普段から自己満足で完結していると、不意に他者からお礼を言われると、天高く昇ることができます。笑

自分だけでなく、仲間の利益を大切にすること。受け取るよりも多く、相手に与えること。幸福になる唯一の道である。

アルフレッド・アドラー

まずは、自分が幸せになって。そして、周りの人に配慮することでさらに幸せを増やす方向で調整します。

人生におけるあらゆる失敗の原因は、自分のことしか考えていないことにある。

アルフレッド・アドラー

耳が痛すぎる、のひとこと。

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は、きわめてシンプルである。

アルフレッド・アドラー

すべては、自分の考え方次第ということ。深いです。

アドラーの言葉は、一度聞いて理解したつもりになっても後からまた読み返すとまた違う解釈も出てきます。

時間が経つごとに染み込んでくることばが、たくさんあります。

もし、アドラー心理学に興味を持たれた方がいましたら、ぜひ書籍にも目を通してみてください。

アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる100の言葉

created by Rinker
¥1,728 (2019/06/18 03:30:45時点 楽天市場調べ-詳細)