ファンタジー×ミステリー【ハリー・ポッターと賢者の石】

「ハリー・ポッター」の名前は、映画や本を一度も観たことがない方でも聞いたことがあると思います。

それほどまでに有名なこの作品の原作は、途中まで読んで断念した人や、映画は観たけど原作は読んだことがないという人も多いかもしれません。

『ハリー・ポッターと賢者の石』あらすじ

ロンドン郊外の、どこにでもありそうな平凡な街角、ある晩不思議なことがおこる。そして額に稲妻形の傷跡を持つ赤ん坊が、一軒の家の前にそっと置かれる。

この家の平凡なマグルのおじ、おばに育てられ、同い年のいとこにいじめられながら、その子、ハリー・ポッターは何も知らずに11歳の誕生日を迎える。突然その誕生日に手紙が届く。魔法学校への入学許可証だった。

キングズ・クロス駅の9と3/4番線から魔法学校行きの汽車が出る。ハリーを待ち受けていたのは、夢と、冒険、友情、そして自分の生い立ちをめぐるミステリー。

ハリーはなぜ魔法界で知らぬものが無いほど有名なのか? 額の傷跡は? 自分でも気づかなかった魔法の力が次々と引き出されてゆく。そして邪悪な魔法使いヴォルデモートとの運命の対決。

原作に挑戦しようとされている方へ

ハリーポッターシリーズの映画は観たけど、原作は読んだことないなーという方も多いと思います。

この機会に原作に挑戦しようという方は、まず本のサイズや形式を検討しましょう。

ハリーポッターシリーズは、超大作のため巻数を重ねるごとに物理的な本の重みが増していきます。

賢者の石が一番短いのですが、それでもかなり重いです。

そのため、持ち運んで読みたいという方には、Kindle版などの電子書籍を、紙で読みたいという方には、文庫版をオススメします。

図書館で借りる方や、家でしか読まない方は、通常版でもいいと思います。

腕や手首を痛めないように注意してください。笑

ファンタジー小説にも、ミステリーがある

私が初めて『ハリー・ポッターと賢者の石』を読んだのは、中学生の時でした。

私はそれまで、ファンタジー小説では、ミステリー要素やトリックは存在できないと思っていました。

人間が想像した“何でもありの世界”で、サスペンス要素や謎解きが出てきても、著者の都合のいいように創作されてしまい、成り立たないと思っていたからです。

しかし、ハリー・ポッターを読み終わった時、それは覆されました。

世の中には世界観をきちんと創作していれば、ファンタジーの中にもミステリーを創作することができるのか、と衝撃を受けしました。

母親に、読み終わった直後、「私、文字が読めて良かった!」と伝えたことを今でも覚えています。

それほど、衝撃的な作品でした。

その後、「ハウルの動く城」シリーズで日本でも有名なダイアナ・ウィン・ジョーンズなどファンタジーの中にミステリー要素を入れている作品にたくさん出会うことになります。

「ハウルの動く城」シリーズの記事はこちら

>>長女のあなたに【魔法使いハウルと火の悪魔】をすすめます

>>適応力を身に付けたいなら【アブダラと空飛ぶ絨毯】をすすめます

>>少女の自立に勇気をもらえる【チャーメインと魔法の家】

皮肉もジョークになる

ハリー・ポッターは、魔法使いが出てくる話です。

しかし、読んでいると声を出して笑ってしまうジョークが数多くある作品です。

出でくるジョークは、おそらくイギリスジョークと呼ばれる、少し皮肉めいたものです。

笑いは、個人の感性なので、そういったジョークがバカにされたようで怒りを覚えるという人も中にはいるかもしれませんが、そういうジョークが大好きな人にはたまらないと思います。

※以下より、ネタバレがあります。

『ハリーポッターと賢者の石』の人生に響くことば

豚にしてやろうと思ったんだが、もともとあまりにも豚にそっくりなんで、変えるところがなかった

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling

実はもちろん、杖の方が持ち主の魔法使いを選ぶのじゃよ

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling

何が待ち構えているかはわからない……でもこれまでの暮らしよりは絶対ましに違いない。

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling

ああ、音楽は何にもまさる魔法じゃ

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling

最後ですが、とても痛い死に方をしたくない人は、今年いっぱい四階の右側の廊下に入ってはいけません

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling

たぶん箒も馬と同じで、乗り手が怖がっているのがわかるんだ、とハリーは思った。

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling

夢に耽ったり、生きることを忘れてしまうのはよくない。それをよく覚えておきなさい。

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling

マクゴナガル先生がおっしゃったでしょう。占いは魔法の中でも、とっても不正確な分野だって

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling

フリットウィックがそっと教えてくれたんだけど、彼の試験で私は百点満点中百十二点だったんですって。

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling

秘密ということはつまり、学校中が知っているというわけじゃ。

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling

結局、きちんと整理された心を持つ者にとっては、死は次の大いなる冒険にすぎないのじゃ。

『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.Rowling