【離婚経緯】別れるだけじゃダメなんです!わたしの離婚①

わたしの離婚経緯を、ざっくりと説明します。

職場恋愛

結婚

別居

相手から離婚の申し入れ

離婚決意

退職

離婚の手続き

離婚

再就職

付き合った期間は約2年。結婚期間は約4年。
3年半は一緒に暮らしていましたが、残り半年は別居していました。

離婚の原因は一言で言うと、「性格の不一致」です。
もともと口げんかは多かったのですが、とうとうあるケンカを境に夫が口をまったくきかなくなりました。わたしが謝っても何を言っても、睨まれるだけで夫は一切話しません。

そんな会話なしの生活を約1ヶ月続けましたが、わたしが辛くなり二人で暮らしていた家を出て、実家へ戻りました。
その後、私からは夫と連絡が取れないため、復縁できないか夫の家族を通じて伺いを立てていましたが夫からの音沙汰はなし。モヤモヤと時間が過ぎていきます。
そしてついに半年後、夫から離婚したいと申し出があり、わたしが受諾した。というのが本当にざっくりとした流れです。

離婚を決めたはいいが

さあ離婚へ向けて動き出すぞ!となったわたしですが、離婚するにあたって処理しなければならない問題がありました。それは、マイホームと夫婦が同じ職場であること。
ここで子どもがいたらさらに話は複雑になっていますが、私たち夫婦には子どもはいませんでした。今となってはそこは良かったなと思います。

まずマイホームです。つき合ってるカップルが別れる時とは違います。二人の財産をどう分与するのか。お金は?手続きは?わからないことがたくさんありました。
(マイホーム問題は、金銭も絡むためこれ以上詳しく記載することは避けます。そこが知りたかった方には申し訳ないですが、ご了承ください。)

そして、わたしにはこちらがより重大な問題だった、夫婦が同じ職場で働いているのをどうするか。
今後、離婚して自分一人で生計を立てていくため仕事を続けたいが、今の職場には夫がいます。
大企業で様々な部署があり、まったく顔を合わなくていいならいいかもしれないけど、そんな大きな会社ではありません。お互い嫌でも顔を合わせます。
離婚を申し出た夫が職場を辞めるのではないか?とも思いましたが、辞めるつもりはないと連絡は受けていました(絶望)

離婚するならもう何も気にせず淡々と働けばいいや、と開き直るほどのハートは持ち合わせていません。円満離婚とはほど遠い状態で精神的に無理だと思いました。何より離婚する自分が同僚たちにどう見られるか、という恥ずかしさが一番にありました。
そういった経緯でわたしは職場を辞めた後、離婚手続きをするという結論に至りました。

>>【離婚経緯】別れるだけじゃダメなんです!わたしの離婚①

>>離婚における婚姻費用とは【弁護士に相談する】わたしの離婚②

>>離婚成立【司法書士に相談する】 わたしの離婚③

離婚と転職に関してはこちらの記事に詳しく書きました。

>>離婚の教訓【リスク分散】夫婦は職場を分けておく