転職で悩んでいる人に、映画【プーと大人になった僕】をすすめます

今年公開された「くまのプーさん」の実写映画、『プーと大人になった僕』という映画をご存知ですか。

【プーと大人になった僕】を観るなら<UーNEXT>

あらすじ

成長してロンドンで多忙な生活を送るクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は、妻子と故郷で過ごすはずだった週末まで仕事でつぶれてしまう。そんなとき、少年時代の親友プーが彼の前に現れ、一緒に森の仲間たちを捜してほしいとロビンに頼む。思い出の“100エーカーの森”を訪ねたロビンは、プーやティガーらとの再会を喜ぶ。

プーさんの言葉が心に響く

わたしは、この映画を観たことで転職を決断しました。プーさんに転職を後押ししてもらったんです。

というのも、この映画はプーさんの名言が溢れているんです。
今回はプーさんの名言をまとめて、みなさんにもお届けします。

今、転職で悩んでいる方や、他にも大きな決断をしようか悩んでいる方は、気分転換にこの映画を観てみてください。何かヒントが見つかるかもしれませんよ。

わたしもまた映画が観たくなって、映画館ですでに鑑賞済みでしたが、Blu-rayを購入しました。笑

DISK派の方はこちら
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
デジタル派の方はこちら
【プーと大人になった僕】を観るなら<UーNEXT>

本当は、Amazonでデジタル版を購入しようと思ったんですが、字幕版と吹き替え版を両方楽しみたかったので、わたしはBlu-rayを買いました。普段、洋画は字幕でしか観ないのですが、大好きな堺雅人さんの吹き替えによるクリストファー・ロビンの声も聞きたかったんです。笑

では早速、プーさんの名言集をまとめていきます。

※直接的なネタバレはありませんが、映画の中のセリフは出てきますので、気になる方は閲覧を控えてください。

『プーと大人になった僕』の人生に響くことば

行ったことのない場所へ進まなきゃ

いたことのある場所へ戻るんじゃなくて

映画『プーと大人になった僕』

ぼくは前に進む時それまでいた場所を離れる

映画『プーと大人になった僕』

このセリフを聞いた時は、泣きそうになりました。職場の環境でずっと悩んでいまして。転職しようとはしていたんですが、その決断が正しいかどうか、自分で自信が持てないところがあったんです。しかし、やっぱりわたしの決断は間違っていなかったんだ!と後押しされました。

映画を観ていると時々、その時悩んでいることへのお告げなのか?と思うようなドンピシャなセリフやストーリーに意図せず出会うことがあります。たまたま自分がアンテナを張っているから、そう響くだけなのかもしれないけれど、ちょっと感動的です。

“何もしない”をするのがいい時もあるよ

映画『プーと大人になった僕』

家族と“何もしない”をしないと

映画『プーと大人になった僕』

“何もしない”は最高の何かにつながる

映画『プーと大人になった僕』

“何もしない”は、この映画で何度も出てくるキーワードです。何もしないって、実はなかなか難しいんですよね。わたしは、20代前半までは旅行へ行くと、スケジュールをビッシリ入れて疲れ果ててました。もちろん、体力があったからこそできたことですが。今は旅行へ行く時は、のんびりすることがメインなので、1日一つ予定を入れるくらいで後はカフェやホテルでのんびりしていることが多いです。

この週末があなたの人生よ

人生はあなたの目の前で起きてるの

映画『プーと大人になった僕』

この世界は遅くならないの?

映画『プーと大人になった僕』

映画を観て映画館を出た時、大学生と思われる3人グループが映画の感想を話していたんですが、「明日、授業出てる場合じゃないわー」って言ってました。笑

でも本当に、休みたくなる。旅に出たくなる。

ぼくは風船があると幸せ

映画『プーと大人になった僕』

子どもの時の気持ちを思い出します。風船買ってもらった時の喜びは、格別でした。もちろん浮かぶやつです。持っているだけで幸せ。数日後には、しぼんで浮遊しているけど、それでも欲しかった。

今日はプーの気分じゃないな

映画『プーと大人になった僕』

「今日はプーの気分じゃないな」は、プーさん本人が言ってます。笑

プーさんの実写なんて!怖っと、予告編が公開された頃は思っていたんですが、本当に違和感なく画面の中でぬいぐるみが動いていて感動しました。

大人の帰路に響く内容だと思いますので、ぜひ気になる方はご覧になってみてください。

【プーと大人になった僕】を観るなら<UーNEXT>