離婚の教訓【リスク分散】夫婦は職場を分けておく

元夫と職場が一緒だったため、離婚するにあたって退職を決意した私。

プライベートと仕事という二つの柱を一気に失う絶望感は半端なかったです。
想像してみてください。

離婚という大きなストレス事項を抱えている時に、仕事まで失うなんて辛すぎます。

そういうリスクを考えていなかった自分のせいなんですが。

今回は、私が経験したことを踏まえて企業にお勤めの方は、「夫婦がもし同じ職場なら分けておいた方がうまくいくかも」という提案を書きます。

離婚と仕事に関して書いた記事はこちら

>>旧姓へ戻して転職したい【離婚を急いだ理由】夫婦別姓希望

パートナーとは、職場を分ける

3つに分けて人生がうまくいくイギリスの習慣

created by Rinker

離婚してからですが、イギリスに興味があった時期がありこちらの本を読みました。

内容は、人生を「仕事」「個人」「生活」に分けることでバランスの取れた人生が送れるというものです。

わたしはこの本でいう「仕事」と「生活」が、夫婦が同じ職場でした。そのため離婚したことにより、総崩れしたといったところでしょうか。

※この本に、夫婦は職場を別にした方がいいといったことは書いてありません。

リスクを分散するという観点からいくと、パートナーとは別の職場がいいと思います。

もし社内恋愛を経て結婚するなら、仲が良いときに職場を変えておくのも重要だなと思いました。社内恋愛は結構多いと思うので。

ただ、どちらが辞めるかで揉める可能性もありそうですね。

離婚する、仲違いする可能性があるから、というのももちろんあります。

ただ今考えると、もしかしたら、お互いの職場を分けてプライベートのみの付き合いにすることによって、関係をより良くすることができるんじゃないかというのもあります。

あとは、純粋に会社になにかあった時に二人とも同時に職を失う可能性がありますよね。
それは一番避けた方がいいので、やっぱり職場は分けた方がいいと思います。

「生活」のために「仕事」を変えるという発想の欠如

わたしも結婚していた時、結構残業の多い仕事だったため転職を考えていた時期もありました。でも、思いとどまってしまったんですよね。

人間関係が良い職場だったので、捨てがたかったんです。今考えると執着していたなと思います。

そもそも「生活」のために「仕事」を変えたり辞めたりするのが、昔のわたしにはまったく想像できないことでした。

「仕事」も「結婚生活」も全部諦めちゃいけないと思っていて、仕事を辞めたら負けだとまで思っていました。

でも周りには自分の人生を生きるために平然と転職したり、辞めたりする人が確かにいました。わたしは、ただただあ然と見てました。

世の中にはそういう考え方もあるのかと。ちゃんと自分の中での優先順位が決まっているのがすごいと思いました。

そして、そんな仕事にしがみついていたわたしは、皮肉にも自分の意思でというより、離婚によって半ば強制的に転職する運びとなりました。

ただ後から考えると頭の固いわたしには、そのくらいの青天の霹靂がなければ、自分の生活を省みることがなかったのかもしれません。

そして、複数の職場を経験すると、自分が仕事になにを求めているかが分かってきたりもします。ただ、人間関係だけは入ってみないと分からないですが。笑

今は社会の流れ的にも、生活を重んじるスタイルになってますよね。

私もやっと、自分の生活あっての仕事という価値観に変わってきました。

ですので、もし今後同じ職場の方と恋愛関係になった場合は、自分がすぐ別の職場へ移れるよう身軽にしておきたいと思っています。機会があったらですが。笑